2012年4月25日

【ArtFM 茨城県天心記念五浦美術館「甦る五浦」(茨城県北茨城市)】

茨城県天心記念五浦美術館へ行った。

場所は"東洋のバルビゾン" 北茨城の五浦(いづら)。
眼下に広がる海が美しい。

企画は「甦る五浦」。
日本美術院岡倉天心系作家の収蔵品展だ。

毎度主となる大観、観山に、
好みの菱田春草が主として並ぶ。

見たかった逸品「落葉」には、
季節感よりも人生感を感じた。

/アートツアラースグル



 館内からはこの様な感じに海が綺麗に見えます。それだけに、震災・津波の被害は大きかった様子で、シンボルである「六角堂」も津波で流されてしまいました。
 震災後、長期休館にあった当館ですが、現在は甦り、六角堂も2012年4月17日に再建しました。力強く復活した様子です。 



 これ、何か分かりますか?大きなガラスに張ってある、注意を促す印です。当館のものは特別で、岡倉天心の横顔のデザインとなっています。

 館の近所からの太平洋の眺めです。


 菱田春草「落葉」の一部です(※当画像はネットより拝借)。人生を俯瞰するような作品でした。

 北茨城市の近く、日立市の海です。雄大という言葉がよく合います。訪問の際には見ておきたい光景です。






 日立駅前の大きなオブジェ(?)です。タービンですよね、これは。今にも動き出しそうです。


 かっこええ。。

〒319-1703
・茨城県北茨城市大津町椿2083 【map】
・Tel.0293-46-5311
【開館時間】
・9:30~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】
・月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日休館)
・12/29~1/1
※くわしくはカレンダーを参照
【入館料(企画展)】
・600円(一般)
・400円(大学生)
【入館料(所蔵品展)】
・180円(一般)
・110円(大学生)
・大津港駅からはタクシー(約5分)のご利用が便利です。 
・北茨城市巡回バスもありますが運行日要注意 
・大津港駅より徒歩約45分
※googleマップによると、大津港駅より徒歩37分だそうです。が、起伏がありますので、美術館の案内の通り45分ほどはかかると思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿